Home > 業務内容 > 塗装工事 > 橋梁塗装工事(鋼構造物)

橋梁塗装工事(鋼構造物)

塗装工事・防水工事・リフォームの専門会社です

鋼橋などの大型構造物は社会活動、経済活動を支える大切な社会資本です。塗装工事は大きな役割を持っています。

日本の道路橋は、昭和30年代に始まる高度経済成長期を中心にして大量に建設され、我が国の経済成長と国民生活の向上に大きな役割を果たしてきた。これらの道路橋は建設後50年以上が経過することとなり、劣化損傷が多発する危険性が高まっている。

道路橋を取り巻く環境の中にあって、国土交通省が管理する道路橋において重大事故につながりかねない損傷が発生した。2007年6月、8月には鋼トラス橋の斜材が腐食(塗装の必要性)などによって相次いで破断に至り、補修補強のために損傷発生後数ヶ月におよぶ通行規制を余儀なくされた。

海外においても、2007年8月に米国ミネソタ州の鋼トラス橋が供用中に突然崩壊し、多数の死傷者を出す重大事故が発生している。比較的充実した定期点検が行われていた米国での惨事は、塗装を含めて補修補強の遅れが致命的な事態を招くことを示唆している。

本州四国連絡橋のコンクリート基礎部分は、東亞合成のアロン工法で施工されていて建設後、痛みが殆どない。我が国の道路橋保全の実態に目を向けると、点検、診断、補修(塗装)補強の信頼性が十分に確保されていない。

(参考文献:国土交通省・2008年道路橋の予防保全に向けた提言より)

アイチテクノ

名古屋高速道路公社・平成24年東山線鋼桁塗装補修工事 完成:平成25年8月30日

アイチテクノ

旧・本州四国連絡橋公団 大鳴門橋ワイヤー塗装工事

アイチテクノ

旧・建設省中部地方建設局 奥泉橋塗装工事